公認会計士という仕事をまずは知るということが大事なのですよ!

公認会計士を目指そうと思っている人は多いと言われています。まずは公認会計士という職業の仕事内容を知りましょう。

蝶ネクタイをする男性

仕事の代表的なものは監査

仕事の主な内容は監査です。日本には数多くの会社がありますが、その中で証券取引所に株式を上場している会社で資本金が5億円以上の会社は法律に則って経営がされているかどうかを確認するために監査を受ける必要があると義務化されています。

監査をするための人、それが公認会計士なのです。企業の収入、支出などが記録されている在無関係の書類を調べた上でその内容が正しいかどうかチェックするのです。

独立した第三者の立場で会社の経営状態を確認することによって会社が決算書に嘘の数字を書いたりする粉飾決済をしないようにしています。

粉飾決済というのは株主が投資に対して正当に判断する機会がなくなる行為です。多くの人に影響を与えることになるのです。

監査をすればこれらの事態は防ぐことができるのですが、それを担っているのが公認会計士なのです。

監査だけではない

監査だけが主な仕事ではありません。それ以外にコンサルティングの仕事や税務の仕事なども行っています。公認会計士の大半は監査法人で仕事をしていて仕事の相手は会社の大半が大手企業です。

監査がメインの仕事となるのですが、監査だけでなく公認会計士にもいろいろと仕事があり、コンサルティング業や経営戦略などの提案なども仕事の一つです。

一般の企業で経営企画室、財務関係の部門で働く人もいることが特徴です。公認会計士の仕事の幅は幅広く、活躍できる職場も多いことが特徴です。

監査だけが仕事ではないのです。幅広くコンサルティング業なども含めて行っています。

今少しだけですが話題となっている公認会計士の役割について

公認会計士の役割はわかっているでしょうか。公認会計士が行う監査がどれだけ社会の経済活動を支えているのか知っていますか?

電卓を用いて情報をまとめる

監査はとても重要

監査は企業の収入、支出をしっかりとチェックすることが役目です。徹底的にチェックすることによって粉飾決算等を防止しているのです。

これらの仕事は実は会社が不正を働かないか監視するという役割だけでなく、日本の経済社会に対しても大きな影響を与えていることが特徴です。

もし日本に公認会計士がおらず、大きな会社が粉飾決算をしていたら株主は嘘をつかれ、その決算書を信じた上で投資をしてしまいます。

これは株主だけでなく関連した会社にとっても大きな損益が出る可能性がありますし、多くの人の経済に影響を与えることになるのです。

引合|公認会計士試験 横浜市 https://cpa-net.jp/

監査の仕事は一般の人が日頃目に見える仕事ではありませんから、あまり知られていないのですが、公認会計士がいてくれるからこそ安心して生活をすることができるといっても過言ではないかもしれません。

縁の下の力持ちとしての役割

監査だけでなく最近ではコンサルティング業務をしている人もいます。コンサルティング業務というのは会計のプロとして会社の経営戦略に参加したりしてアドバイスをして売上を上げるために参加します。

会社の規模を大きくする際にも大きな貢献をする役割を担っています。日本の経済社会の発展はこうしたコンサルティングがあってこそという一面もありますので、公認会計士の役割はとても大きいのです。

公認会計士は日本経済を支えているのです。監査だけがメインの仕事と思っている人は多いのですが、もちろん監査もしていますが、それ以外に、経済活動を支える役割もしているのです。